Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Print this page
Print

1月30日(火)夜10時放送の「有吉弘行のダレトク?!」で恵比寿牡蠣ツ端が紹介されました。

先日「有吉弘行のダレトク?!」の番組で牡蠣ツ端が取材を受けました。

取材は番組の中の「有吉がもしもカキ王になるなら?」のコーナーのためのものです。

このコーナーでは牡蠣の養殖を営み社員5人で年商3億5,000万円を稼ぎ出す「カキ王」こと、広島のファームスズキ様を訪ねます。

素人の有吉さんでもカキ王になれるのか?どれくらい難易度が高いのか?を知るというのがテーマです。

そしてそれに先立ち、まず今の牡蠣のトレンドや業界の動向などを情報収集したい、ということで牡蠣ツ端に取材に来られました。

取材に来てくださったのは小柳ルミ子さん。牡蠣がとてもお好きなんだそうです。

「牡蠣のことなら何でも知っている牡蠣マニア」と番組で紹介された店長がおすすめの牡蠣のブランドをご紹介し、味の特徴を説明しました。

小柳さんはとてもおいしそうに召し上がっていました!

その後小柳さんはファームスズキ様を訪ねて広島県は瀬戸内海に位置する大崎上島へ向かいます。

ファームスズキ様は日本で唯一、塩田を使って牡蠣の養殖をしています。

もともと塩田だった場所に地下海水を汲んで育てるので生活排水が混ざる心配がなくなりノロウイルスのリスクを抑えられます。また、海水と比較して塩分が控えめなので牡蠣の甘みが強いという特徴があります。

養殖場には牡蠣の赤ちゃんもいました!

 

ファームスズキ様は牡蠣ツ端にもおいしい牡蠣を提供してくださっています。牡蠣ツ端で取り扱っている牡蠣をご紹介しましょう。

クレールオイスター(写真左)

口に入れるとミネラル感がタップリと感じられます。身がつまっていて食べ応えがあり、清涼感ある余韻が病みつきになります。

オイスターぼんぼん(写真右)

一度も海に出ることなく育てられるために濃厚さと清涼感のバランスが絶妙!牡蠣の旨みがガツンとくるのですが、その後味はさっぱりとしています。

小ぶりな形ですが、牡蠣の魅力を余すところなく堪能できます。ぜひ牡蠣ツ端に食べに来てください!

2018/2/21 新着情報