Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Print this page
Print

インスタ映えする牡蠣?!姿かたちが見目麗しい大分の牡蠣、「ひがた美人」をご紹介します!

 

インフルエンザが大流行していますね。体調には十分お気を付けください。

本格的に寒くなり、恵比寿牡蠣ツ端には西日本からも牡蠣が続々と入荷するようになりました。

そこで今回は大分県から、味はもちろん、姿かたちも美しいビジュアル系の牡蠣、「ひがた美人」(大分県漁業協同組合 中津支店)をご紹介します。

ひがた美人(大分県・大分県漁業協同組合 中津支店)


海外では牡蠣の身のおいしさはもちろん、身の形や殻の形が美しいことが良いとされています。

ひがた美人もその名のごとく、見た目にもこだわって養殖されています。

ひがた美人の産地である大分県漁業協同組合 中津支店では、日本で唯一、干潟で牡蠣を養殖しています。

干潟で潮の満ち引きを受けることで天然の牡蠣に近い環境で育てることができ、身が締まった濃厚な旨みのある味になります。身の形も美しく整っていますね。

通常牡蠣を養殖する場合は、牡蠣をコンパクトに重ねてひもで吊るします。そのため殻が他の牡蠣に圧迫されて底が浅くなります。

ひがた美人はひとつひとつかごに移して干潟に吊るします。

1個1個バラバラに育てるため、深みのある殻になります。見てくださいこの深さのある殻!深さがあるため、身もつまって食べ応えがあります。

牡蠣の養殖はとても手間のかかる作業です。丁寧に育てられるとこうした美しくおいしい牡蠣になるんだとしみじみ思います。

目で見て食べて2倍楽しめるひがた美人を恵比寿牡蠣ツ端でぜひ食べてみてください!

2018/2/7 新着情報